梅に鶯?

今年も我が家の小さい、小さい、梅の木も白い花を咲かせました。

隣のおうちの梅の木も桃色、紅色の花を咲かせています。

いつも開花は立春のこの時期だったのでしょうか?

やはり花を見るとなごまされます。


余計なことになりますが、かなり前、万博公園の梅を見に行った時のことが思い出されます。沢山の鶯が飛び交い、おびえて逃げる様子もなく、「へえぇーーー」居るところには鶯も居るものだ、「梅に鶯なんだぁ」と思ったものです。

ところが専門家の話として後で知ったのですが、この組み合わせは、鶯の習性から考えるとほとんどありえず、鶯は暗い藪が好きなため、明るい場所に咲く梅にはまずとまることがなく鶯とメジロは混同されることがよくあり実際には梅の蜜を吸いにくるのはメジロであり、藪の中で虫を食べる鶯はそのような姿で見かけられることはまずないとのこと。その多くの鳥は鶯ではなくメジロだったんだと知ったことがあります。

それでは何故「梅に鶯」なんだとも思いました。これにも諸説があって、いろいろ多々語られていますが、そんなことは置いておきましょう。

我が家の木々にも、メジロが、たまに現れてますが近くに行っても、なかなか、なれなれしいものです。
画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック